ブログトップ

☆☆☆TOKYO MEETING☆☆☆

20日(水)、LIQUIDROOM ebisuにて行われた宮沢和史presents"TOKYO MEETING"に行ってきました。
New Single『コシカ/ひとつしかない地球』の発売日記念のイベントだったみたいです。
カチアの唄うポルトガル語の『島唄』、ディアナ・アルベニアの唄うロシア語の『島唄』、そして、宮沢和史とカチア、ディアナ、トメック・マコビェツキ(彼もポーランド語で『島唄』をカバーしているみたいです)が唄う『島唄』、その日1日で、色んな旅から戻ってきた『島唄』が聴くことができました。
同じ曲なのに、飽きがこないのはそれぞれの個性がでていて、楽しみ方が別々だったからと思います。
宮沢和史とディアナのデュエットも息ぴったりで、かっこ良かったです。

いよいよ本命、MIYA登場!ちょ〜、ノリノリでスタートしました。
動きっぱなしの仕事帰りというのに、身体は一気に元気になりました。
やっぱいいわ〜ライブハウス、解放感が違いますねぇ〜。
MIYAと一緒に跳ねる、踊る、唄う、ほんと楽しかったさぁ〜。
アンコールでは、先に書いた4名で唄った『島唄』と『ひとつしかない地球』に感動してしまい、ちょいとうるっときてしまいました。
本当にこのイベントに来られて、幸せと思った瞬間でした。
しんどかった日々、頑張れば素敵なこともあるんだなぁと、感謝しつつ…。
これからもMIYAを応援しつつ、自分もMIYAの様に進歩すること、日々変われること、色々な自分を探しつつ、前進できればと思います。

会場でNew Single『コシカ/ひとつしかない地球』を購入、聴きながら書いています。
[PR]
by n-star-a-star-oh | 2005-04-23 16:28 | おでかけ